« 3/14 (オープン戦) 横浜ベイスターズ 6-3 オリックスバファローズ (横浜) | トップページ | ペンタックス・デジタル中判カメラ「645D」レビュー記事まとめ »

2010年3月15日 (月)

3/14 西武ライオンズ-中日ドラゴンズのオープン戦を観戦

3/14に西武ドームで行われた西武と中日のオープン戦を観戦。

今季初観戦です。この日は良い天気でしたが、まだ3月中旬なので少し寒かった(特に試合終盤)。西武ドームは壁がないので仕方ないですね。ちなみに花粉症の方はこちらも要注意です。

100314013791
西武ドーム

試合は西武・帆足、中日・吉見の先発でスタートし、両投手とも上々の立ち上がりで2回を無失点に抑える。しかし、3回表に帆足が小池と藤井の二塁打で1点を先制される。さらに4回表には和田のHRで中日が1点を追加する。

一方、西武は4回裏に中島・栗山の連打で作ったチャンスにG.G.佐藤の犠牲フライによって1点を返す。しかし、直後の5回表に再び帆足が荒木のタイムリーとセサルの犠牲フライで2点を追加され、突き放される。

その後、両チーム1点ずつ追加するが、中日が中盤のリードを保ち、2-5で逃げ切り勝ち。

100314054015
2-5で中日が勝利

両先発投手が無難に立ち上がったのでスイスイいくのかと思いきや、中盤は両投手とも我慢の展開となりました。踏ん張った吉見と踏ん張れなかった帆足の差が得点差となりましたが、両投手とも内容はそれほど悪くなかったと思います。スピードガンは全体的に辛かったですね。

100314023807
西武先発の帆足

100314033849
中日先発の吉見

印象に残ったのは中日の上手い攻撃。ヒット数は多くなくてもここというポイントでヒットが出てしっかりと得点していました。また、小池・藤井・野本・松井佑・大島といった外野手を上手く競争させていますね。西武は逆にチャンスは作りましたが、もう1本が出ませんでした。ただ、中村を欠いてはいますが、それほど迫力不足は感じませんでした。栗山を4番に据えるのは面白い。

100314043863
荒木のタイムリーでホームに還ってくる小池

なにはともあれ2010年シーズンの観戦もスタート。今年はどんな試合・プレーを観ることができるでしょうか、楽しみです。

【観戦した選手たちの感想】
吉見(中日):先発して5回2/3を1失点。ストレートは140キロ弱が中心で調子はまだまだこれからという感じでしたが、要所は締めました。

岩瀬(中日):3番手で1回無失点。オープン戦初登板でしたが、ストレートは135キロ前後とやや不安な内容。

荒木(中日):1番ショートスタメンで5打数1安打1打点。バッティングでは貴重な追加点となるタイムリー。守備で送球のエラーが一つあるなど、送球が若干不安定に感じた。

ブランコ(中日):4番ファーストスタメンで5打数無安打。この試合は4三振と良いところなし。

和田(中日):5番レフトスタメンで3打数1安打1HR1打点。

小池(中日):7番DHスタメンで1打数1安打。2打数ともに得点に絡む出塁。

谷繁(中日):8番キャッチャースタメンで2打数1安打。守備で2つのバッテリーミスあり。後ろに逸らす投球には見えず、キャッチャーの責任。

藤井(中日):9番ライトスタメンで3打数1安打打点。先制タイムリーを放つ一方で、無死一塁二塁で三振に倒れ走者を進められない場面もあり。落合監督には怒られそう。

帆足(西武):先発して6回4失点。4点取られたが、内容はそれほど悪くないと思う。特に落ちる球が効果的で、空振りをとっていました。走者を置いた場面でもう一踏ん張りほしい。

山本淳(西武):2番手で1回無失点。ストレートの球速は出ていたが、制球のばらつきあり。僅差では怖い。

中島(西武):3番ショートスタメンで4打数2安打。吉見からきっちりと2安打と順調な調整。強いて言えば7回の一打同点の場面で1本が欲しかった。

栗山(西武):4番センタースタメンで4打数2安打1打点。中村に代わって4番に入っているが、つなぎの打撃で貢献。

ブラウン(西武):5番ライトスタメンで4打数1安打。守備で浅いフライにも関わらず三塁走者に帰られる場面あり。

【関連ニュース】
【西武】帆足6回4失点、新球試投に納得(ニッカンスポーツ)
中日・吉見2週間ぶり登板に収穫 全球種試す(サンケイスポーツ)
西武・帆足、新球に課題「まだ甘い」(サンケイスポーツ)
中日・岩瀬が初登板「いっぱい投げたね」(サンケイスポーツ)
吉見「まあまあだった」6回途中2失点…中日(報知)
帆足、新球に課題…西武(報知)
岩瀬がオープン戦初登板で2K…中日(報知)
吉見踏ん張った2失点…帆足は踏ん張れなかった4失点(スポーツニッポン)
全球種試した吉見に敵陣営から「さすが最多勝投手」(スポーツニッポン)
気を抜いたわけじゃ…でも「いっぱい投げた」岩瀬(スポーツニッポン)
(追加)開幕はオレだ!中日吉見復帰戦でアピール(ニッカンスポーツ)
(追加)中日“外野戦争”さらに激化 最後に本命がやってきた!(スポーツニッポン)
(追加)試合つくった吉見 初の開幕投手に前進(スポーツニッポン)

|

« 3/14 (オープン戦) 横浜ベイスターズ 6-3 オリックスバファローズ (横浜) | トップページ | ペンタックス・デジタル中判カメラ「645D」レビュー記事まとめ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1695/33771320

この記事へのトラックバック一覧です: 3/14 西武ライオンズ-中日ドラゴンズのオープン戦を観戦:

« 3/14 (オープン戦) 横浜ベイスターズ 6-3 オリックスバファローズ (横浜) | トップページ | ペンタックス・デジタル中判カメラ「645D」レビュー記事まとめ »