« (スナップ写真) 目黒川の桜 | トップページ | 4/13 中日ドラゴンズ 8×-7 横浜ベイスターズ (ナゴヤドーム) »

2010年4月11日 (日)

4/11 横浜ベイスターズ 6-3 広島東洋カープ (横浜) (観戦)

4/11に横浜スタジアムで行われたベイスターズ-広島戦を観戦。

遅ればせながら今年初の横浜スタジアムでの観戦。この日は曇りのち雨という予報に反して良い天気となり、日が差すと暑いくらいでした。お客さんは外野席と内野自由席は満員となり、まずまずの入りでした。

100411014499
横浜スタジアム、内野指定席はガラガラですが、、、

100411024726
外野席はカープ側も満員

今回は外野席で観戦しましたが、試合前にはベイスターズの加地球団社長がライトスタンドに現れてファンに応援を願いしていました。社長は結構現れるらしく、ファンからも拍手喝采に握手攻めとすっかり人気者になってました。

試合はベイスターズは中4日の清水、広島は長谷川が先発。1回表、広島の先頭打者・東出がレフト前にライナーを打つもスレッジが横っ飛びのファインプレー。助けられた清水は1回を三者凡退に抑える。その裏、長谷川は先頭打者の石川を四球で出塁させると続く早川のバント処理で暴投して無死二塁三塁とする。このチャンスに内川が犠牲フライ、村田が久々のヒットとなるタイムリーを打って幸先良くベイスターズが2点を先制。

100411034592
中4日にも関わらず好投したベイスターズ・清水

長谷川は球がすっぽ抜け気味で立ち直れず、2回裏には吉村のHR、3回裏には内川の2点HRでさらに失点を重ねる。一方、清水はストライク先行の投球で安定した投球を見せ、2回2死で通算1500回投球を達成する。清水は4回表の嶋の内野ゴロの間、6回表の嶋のタイムリーで2点を取られるが、中4日としては十二分の投球で6回2失点でリリーフ陣に後を託す。

100411044521
今季1号のHRを打ってコールに応えるベイスターズ・吉村

100411054542
2点HRを打つベイスターズ・内川

100411064559
ホームインして三塁走者の石川とハイタッチ

6回裏にカスティーヨのタイムリーでベイスターズが1点を追加すると、江尻-牛田-山口と繋いで広島の反撃を前田智のHRの1点で抑えて6-3でベイスターズが勝利。清水は移籍初勝利となる1勝目。

100411064741
フェンスに激突しながら好捕するカープ・末永

100411074797
最終回に代打HRを打ったカープ・前田

100411084814_2
6-3でベイスターズが勝利

試合後のヒーローインタビューは移籍初勝利の清水と3打点の内川。ベイスターズ勝利時にスタジアムのテラスで行われる第二ヒーローインタビューには2番手で好投した江尻とこの日スタメンマスクの細山田が呼ばれました。ちなみに第二ヒーローインタビューにも加地球団社長が現れ、「ナゴヤドームでの阪神3連戦」と言い間違えて、江尻に「社長違います」と突っ込まれる場面も。そして、最後は社長コールで第二ヒーローインタビューが終了。

100411094861
ヒーローインタビューを終えてライトスタンドに向かうベイスターズ・清水

100411104879_2
第二ヒーローインタビューに登場したベイスターズ・江尻 

他球場もいいですが、やっぱり横浜スタジアムがぼろくても狭くても一番。今年初のスタジアムでしたが、いつも通りの風景に心が落ち着きました。昨年と違っているのは社長がすっかり馴染んで球場の人気者になっていることでしょうか?社長就任直後に「石川遼をキャンプに呼ぶ」なんて記事が出て心配しましたが、本当にベイスターズが好きそうなので好感が持てます。第二ヒーローインタビューで言ってた「自分たちは裏方で頑張るので」なんて言葉はいいじゃないですか。

試合も比較的安心して見れたので、十分楽しめました。

【観戦した選手たちの感想】
・清水(横浜):先発して6回を2失点。ストライク先行で投球のテンポも良く、安定した投球内容。中4日の登板としては十分な内容。

・江尻(横浜):2番手で1回を無失点。ストレートは146キロと球威あり。第二ヒーローインタビューに呼ばれてうれしそうでした。

・牛田(横浜):3番手で1回を無失点。無失点に抑えたが、球が浮き気味で良い当たりもあり。登板数が多いので、少し心配。

・山口(横浜):4番手で1回を1失点。点差があったからかもしれないが、ボール先行で入ったり、前田智にHRを打たれたりと不安。

・石川(横浜):1番ショートスタメンで3打数1安打。出塁が全て点に絡む。アウトになった打球にも良い当たりがあり、良い感じで捕えている。

・早川(横浜):2番センタースタメンで3打数無安打。ヒットはなかったが、送りバントに二塁走者を三塁に進める内野ゴロと2番打者としての役割はしっかりと果たす。もう少し打率が上がってくると申し分ないが、つなぎの打撃は貴重。

・内川(横浜):3番ファーストスタメンで3打数2安打1HR3打点。先制の犠牲フライとセンターバックスクリーンに飛び込む今季第1号HRとそろそろ調子が上がってきた?

・村田(横浜):4番サードスタメンで4打数2安打1打点。1回裏に久々のヒットとなるタイムリーを放つ。2本目のヒットも当たりは良くなかったがつなぎの打撃。調子が悪いなりにこの試合のような打撃をしてくれるとありがたい。

・スレッジ(横浜):5番レフトスタメンで4打数無安打。打撃は良いところがなかったが、守備で二つのファインプレーあり。ライトスタンドがどよめいた。

・カスティーヨ(横浜):6番セカンドスタメンで4打数2安打1打点。貴重な6点目のタイムリーは三塁線を破る二塁打、2本目のヒットはライト方向と対応力があって良いですね。

・吉村(横浜):7番ライトスタメンで4打数1安打1HR1打点。HRは良かったが、第3打席のチャンスでの三振は残念。「外にスライダーかな」と思っていたらあっさりとやられた。

・細山田(横浜):8番キャッチャースタメンで2打数無安打。リードの良し悪しは素人には分からないですが、結果としてスタメンした2試合は投手が頑張って勝利。良いアピールになっているのでは?

・野中(横浜):代走で1盗塁。大きなリードを取って警戒されるなかしっかりと盗塁を決める。いいですね。

・長谷川(広島):先発して4回5失点。立ち上がりからストレートも変化球もすっぽ抜けた球が多かった。修正できずにあっという間に5失点。最後の4回は多少良かったかな。

・末永(広島):3番センタースタメンで4打数無安打。怪我の天谷に代わって3番に入るが、打撃は結果が出ず。守備では2つ好捕を見せた。

・嶋(広島):6番ライトスタメンで4打数2安打2打点。ライトへ鋭い当たりのヒットが2本。

・前田智(広島):代打で1打数1安打1HR1打点。最終回に代打で出場して今季初ヒットとなるHR。広島ファンには良いプレゼントでした。山口の152キロを放り込めるのだからまだまだやれる。

【関連ニュース】
【横浜】村田22打席ぶり安打に白い歯(ニッカンスポーツ)
【横浜】開幕5カード目…やっと勝ち越し(ニッカンスポーツ)
横浜・清水、6回2失点粘投!移籍後初勝利(サンケイスポーツ)
横浜・清水、新天地で初白星「うれしい」(サンケイスポーツ)
内川に待望の一発 清水移籍後初勝利…横浜(報知)
清水 久々中4日も横浜で初白星!節目投球回も達成(スポーツニッポン)
(追加)横浜清水が初勝利!中4日で6回2失点(ニッカンスポーツ)
(追加)横浜・内川「結婚して初」特大1号(サンケイスポーツ)
(追加)横浜・清水、移籍後初勝利「みなさんに感謝」(サンケイスポーツ)
(追加)清水、移籍後「うれしい」初白星…横浜(報知)
(追加)内川“新婚1号”「ボールは持って帰ります」(スポーツニッポン)
(追加)清水 ベイ1勝&通算1500投球回達成(スポーツニッポン)
(追加)横浜 不振の“コンビ”「喜んでいられる立場じゃない」(スポーツニッポン)
(追加)「満身創い」の横浜移籍右腕 “秘密兵器”で痛みケア(スポーツニッポン)
(追加)清水が移籍後初勝利/横浜6-3広島(カナロコ -神奈川新聞)
(追加)【コラム】勝ち越し、攻勢へ弾み/ベイスターズ(カナロコ -神奈川新聞)
(追加)尾花監督「清水は安心して見られた」/広島戦から(カナロコ -神奈川新聞)

横浜・橋本、左すね打撲で欠場 前日に負傷(サンケイスポーツ)
橋本が左すねの打撲で欠場(スポーツニッポン)

|

« (スナップ写真) 目黒川の桜 | トップページ | 4/13 中日ドラゴンズ 8×-7 横浜ベイスターズ (ナゴヤドーム) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1695/34178974

この記事へのトラックバック一覧です: 4/11 横浜ベイスターズ 6-3 広島東洋カープ (横浜) (観戦):

« (スナップ写真) 目黒川の桜 | トップページ | 4/13 中日ドラゴンズ 8×-7 横浜ベイスターズ (ナゴヤドーム) »